2006年1月25日

前回のエントリーのあと一度説明会やって、とりあえず全員慣れるまでは生svn(password-db使う)、その後はsvn+sshで運用することにしました。

あと、リポジトリは事業部で1個だけにして、レイアウトは

プロジェクト / プロダクト / trunk
                          / branches
                          / tags

という形で運用しようと思ってます。

っていう説明をしたら一部の人(というかほぼみんな)が「何それ?」みたいな反応。。。

あっ、しまった。ここにはVC初体験のルーキーとCVSしか使ったことがない人しかいないんだった。。。ルーキーたちにとって見ればそもそもtrunk/branches/tagsってなに?って話。CVSな人達にとっては「ブランチ・タグ付けにするのにレイアウトってどういうこと?」っていう話。

あわてて、Subversionを使った開発の基本的な流れをざっくり説明しましたが(最初にやるべきだった…)、なんか不十分・不完全燃焼な説明会になりました。次回(来週)もう一回確認の意味も含めて説明しよ。

しかし、やっぱり時間かかりそうだなぁ、つくづく思います。。。

欲を言えば、Subversionと一緒にさっさとTracも導入してしまいたかったんですがそれも、Subversion導入ひと段落しないと、って感じで。。。

やっぱり、全員足並みそろえて、ってのは難しいなぁ。。。

Comments

トラックバック

トラックバックURL: